漫画の感想

漫画の感想を書いています。思うがままに書いているのでクソミソだったりべた褒めだったり。

『あと99回シたら、私とコイビトになって。』の感想

【あらすじ】

ずっと気になる存在だった後輩の松下くん。

私は、終電を逃してしまった彼を家に泊めた。

ベッドに並んで座って真っ直ぐ見つめてくる瞳に高鳴ってしまう胸。

松下くんの指が私にふれて、服を脱がされて……。

仲が深まったと思ったのに、恋人同士になれたと思っていたのに。

「セックスするのと恋愛するのは別じゃないですか」

 

【登場人物】

 

〈上原〉

お花畑思考の重そうな大人女子

 

〈松下〉

厄介なのに好かれた厄介そうなサラリーマン

 

【感想】

 

絵だけは上手いですよ。

 

でも自宅へ泊まるように後輩男性を促して、なおかつベッドで一緒に寝てもいいよと言うOL。

「いいってどういうこと?」と聞かれてから「そういうこと!?」という発想へ至るOLに共感できる人はどれくらい居るのかしらという疑問が残ります。

 

ちょっとでも側に居たいから、一緒に並んで寝られれば嬉しいな////(はぁと

 

そんな小学校低学年レベルのお花畑な女なのに仕事はデキると。

ごめんなさい、ちょっと共感できないです。

 

シングルの狭いベッドに異性同士で並んで寝るとか、エロ漫画脳じゃなくても大抵の人間が間違いが起こるかも!と1番に考えるでしょう。

そして案の定セックスへと至って大満足したOL上原はすっかり恋人気分。

 

「セックスするのと恋愛するのは別。一回やったくらいで恋人とか、そういうんじゃないと思いますし」

 

と先輩に向かってハッキリと言う松下くんもなかなか出世からは縁遠くなりそうな面白い男ではありますが、このあとに「じゃあ何回したら恋人なの」と聞き返す上原も恐ろしい。

 

「100回したら恋人と言えるなら、あと99回して!こんな関係で終わるなんて絶対にいや。私は松下くんと付き合いたい!」

 

なにかあったら犯罪に手を染めそうな強い意気込みを感じます。

まあでも「じゃああと99回で俺をその気にさせてね」と返す松下くんも相当キているので、お似合いのカップルになるのかもしれませんね。

 

この数日後の残業時間中に会社でセックスしますが「まだ人が残ってるのに声が聞こえちゃう////」というお約束の展開です。

残業代を会社に返した方がいいんじゃないでしょうか。

 

気になる人は読んでみてね!