漫画の感想

漫画の感想を書いています。思うがままに書いているのでクソミソだったりべた褒めだったり。

『八百万姦~異界で処女を競り落とされて…』の感想

【あらすじ】

夏休みに遊びに行った山奥で異世界に迷い込んでしまった友里恵は、異形の者がはびこる世界で女衒に捕らえられてしまう。

客の視線を受けながら舞台の上で弄ばれて、競られるのは友里恵の処女。

 

紅華屋には今夜も嬌声が響き渡る。

獣の姿をした者たちに犯されるのは、いつか元の世界に帰れると信じている娘たち。

買われた友里恵は『神招き』として身を売る生活を始めることになった。

いつか元の世界に帰れると信じて。

 

【登場人物】

 

〈友里恵〉

ちょっと強気な女の子。

 

【感想】

 

異種姦が大丈夫なら中々いい感じ。

全ページフルカラーで、手抜きっぽさもまるで無し。

絵も上手いし人体構造もおかしくないし、アクロバティックすぎる構図もないので安心して読めます。

異種姦が大丈夫ならですが。

 

全身が完全に獣でThe・モンスターというほどではないので、いっそのこと相手がきぐるみを着ていると思ってしまえば良いのではないでしょうか。

今のところはですが、内臓がひっくり返るような触手が入り込んでお腹ボコォとかそんな酷い描写はありません。

 

ストーリー的に誰もが安心ホッとできる和姦ばかりという訳にはいきませんが、えげつない目に合っていて読んでいられないような展開にはならないんじゃないかと。

商業コミックですからね。

 

むしろ最初の猪さんはちょっとキュートです。

ストーリーの展開も、エロ漫画にしては珍しく少し気になる感じ。

薄暗い結末になるのかハッピーエンドになるのか楽しみです。

前者の予感はしなくもありませんが。

 

表紙買いしても大丈夫なのは珍しいかも。

 

気になる人は読んでみてね!