漫画とゲームの感想とか

漫画やゲームの紹介や感想を書いています。

『玄関えっち★カレはベッドまでセックスが待てない』の感想

【あらすじ】

ずっと憧れだった生徒会長の聖先輩と付き合えることになった唯奈。

けれど彼からは何もしてくれなくて、自分が異性としてみてもらえていないかもと不安でいっぱい!

もしかして彼って絶食系!?

ある日、唯奈は思い切って大胆な部屋着で先輩を家に招きます。

玄関で出迎えた唯奈を見た瞬間、先輩は腰を引き寄せると突然のキス。

「嬉しいよ。僕のために用意してくれたんだよね?」

服を脱がされて恥ずかしすぎる刺激。今までと正反対の先輩に唯奈は……。

 【登場人物】

 

〈唯奈〉

この手の漫画によくある流され系女子。

 

〈聖先輩〉

ちょっと台詞が気持ち悪いのが特徴のイケメン生徒会長。

草食系かと思いきやムッツリでした。

 

【感想】

タイトルは玄関エッチですが、玄関でエッチしたのは私が読んだ限りでは初回の一回のみです。

まあ、そういうのは良いんですけどね。

ただこの生徒会長さん、高校生とは思えないほどオッサンのような台詞なのが気になって仕方がありません。

 

「ピンク色の先っぽがおいしそう……」

 

初めてのセックスでこんなこと言われたら、私なら百年の恋も冷めます。

 

次の日、昨日の唯奈が嬉しくて仕方がなかった会長は学校内で迫ります。ベッドまでセックスが待てないカレは伊達じゃありません。

まあ、そういうのは良いんですけどね。

でも、消しゴムを落とした唯奈に後ろから抱きついてのこの台詞。

 

「君は本当に隙が多いね」

 

消しゴム落としただけなんですけど……。なんで普通に迫れないんですかね、この会長さん。

 

色々あって数日後にもドキドキ展開になるのですが、オッサンの極みがピークに達しています。文化祭の出し物の関係でメイド服を着た唯奈がそんなに良かったのでしょうか。

 

「こんなにかたく尖らせておいて……」

「こんなに下着に染みをつくって……いやらしいメイドさんだね」

 

本当に高校生なのかが疑われます。

ちょっと台詞がオッサンですが、そういうのは特に気にしない人なら絵は上手いので十分に読めるはず。

イケメン男子高校生の若さを感じない言葉責めは面白いと言えば面白いです。

 

気になる人は読んでみてね!

玄関えっち★カレはベッドまでセックスが待てない。(6) (純愛革命G!)